いつ勝つの?今日でしょ…かなり古い感がありますが、昨日のゲームだけは勝たないといけない試合でした。ホームゲームで今年は不調なものの巨人の左のエース内海から7回終了時に3-1とリードした時点でほぼ勝ちゲームじゃないですか。


7回は下位打線というのもありましたが安藤が気迫の投球を見せ0点に抑えますが、勝利の方程式2号福原がピリッとしません。1アウト後から坂本に軽々とレフト線へのツーベースを打たれます。まだ2点あるのでこのランナーは無視して次の打者に集中と思っていたらあっさり初球を右前タイムリー、更に簡単に盗塁まで許し、いきなり同点のピンチですよ。アンダーソンは何とか三振にきったものの、阿部を敬遠気味のフォアボールで村田勝負から決め球の高めストレートを見透かされたようにコンパクトに弾き返され試合を振り出しに戻されます。


8回は何とか同点で終わり、9回は抑えのオ・スンファンが完璧に抑えます。さぁサヨナラという裏の攻撃で山口から柴田がヒットで出塁、この選手やはり一皮剥けたかもしれません。そして田上が送りバント成功から新井兄が代打で出るも敬遠。1アウト1・2塁で大和勝負となります。


2日続けて同じような場面となりましたが和田監督は大和をそのまま打たせます。結果論で次の鳥谷がヒット打ったことから大和に送りバントを…とは思いません。失敗の可能性も高く、仮に成功しても鳥谷へは半分勝負を避けながらの四球で結局ゴメス勝負で変わらないからです。


次の手は代打関本です。今シーズン関本は山口からサヨナラ打を放ってますし、更にここ最近非常に調子が良い…ときてますが、左投手に強い復調気味の大和に賭けたのでしょうが結果ゲッツーの次に悪いファールフライに終わります。関本が出ていたからといってヒットが出ていた訳でも当然無く、ゲッツーだって充分可能性ありますし、山口もゲッツーを打たせる技術もあります。悪いのは、最悪2塁ランナーを進める事さえ出来なかった大和ですよ。そら1・3塁の場面で鳥谷が同じように打ったとは言えませんがね。やはり勝利への確率を少しでも上げるバッティング、自分が死んでも相手の片腕は潰すくらいの気迫を見せい!という感じです。


結果サヨナラ機を逸した阪神はスンファンから代わった二神が案の定の案の定で案の定な結果で試合を落としてしまいます。ま、二神には何も言いません。文句言うならドラフト1位で指名したスカウトには一言二言言いたいですがね。


幸い阪神には(今のところ)絶対的な抑えがいます。そこを逆算し、是が非でもこのゲームを取りにいこうとする姿勢が和田監督にはあったのか…と。ポンポン打たれて失点、更にピンチの場面で選手への信頼と言えば聞こえは良いですが、アンダーソン・阿部の場面で左を投入して村田まで行けばスンファンの投入してまでもリードを守るくらいの姿勢。福原が何とか抑えてくれるだろう…という感じしか受けませんでした。スンファンの後には録な投手が残っていないにもかかわらず9回大和が何とかしてくれるだろうという甘さが垣間見えた敗戦で、勝ちゲームだけに非常に痛い敗戦となりました。


これでドラゴンズ戦からスンファン以外の中継ぎ投手が総崩れとなり打線も相変わらずの低空飛行。メッセンジャーが完封するぐらいしか勝ちは無いという状態、正念場です。